デザインの役割とデザイン思考(その4)

☆デザイン思考(デザイン・シンキング)の5つのステップ
広い意味でのデザインを理解し、デザイナーのスキル(発想法)を利用するための5つのステップをご紹介します。

デザイン思考の原則の中でも一番重要視されるのが、「ユーザー中心主義」という原則ですが、ユーザーを中心に考えることなど、どこの会社もやっているし、個人レベルでも「ユーザーを中心に置いているかどうか」と聞かれた時に「No」と答える人はまずいません。ユーザー中心主義とは、ユーザーの欲しいものが何かをとにかく聞き、その通りに行うという「お客様第一主義」の考え方とは違うのです。アメリカの大手自動車メーカー、フォードモーターの創設者であるヘンリー・フォードはこんな名言を残しています。

“If I had asked people what they wanted, they would have said faster horses.”
もし私が、人々に何が欲しいかを聞いたならば、彼らは「より早い馬車」と答えただろう。

彼は、ユーザーの要望を聞いたのではなく、ユーザーの言動から彼らの欲しいものをより深く分析してフレーム(再定義)することで「より早い移動手段」という要望を定義したのです。ユーザー中心主義というのは、ユーザーよりもユーザーのことを深く理解することで、ユーザー自身も気づいていない問題を解決することになります。だからこそ、他社との差別化ができ、イノベーティブなプロダクトへと繋がるのです。
自分の欲しいものというのは自分が一番わからないものである。だからこそ、デザイナーというプロがそれを明確化するのであり、デザイン思考はその考え方を体系化したものです。

「デザイン思考」では、1~5のステップを踏まえ、それぞれの場面で「デザイン能力」に基づき進行し、問題があれば、このステップを繰り返すことになります。

自社で「デザイン思考」を活用する場合、自らが「デザイン思考」を使えるようになることが理想的だが、難しい場合はデザイナーを活用して進めていく方法もあります。

デザインの役割とデザイン思考(その3)

☆デザイナーの能力
「デザイン」はアートと違い、個人の感性や能力で出来るものでは有りません。ある問題を発見して解決するためのプランを考え実現させることを言います。ですから「デザイン」は、決められた条件の中(ニーズ、目的、技術、予算、納期など)で状況を把握し、『効果・成果』を出していると言えます。

☆デザイナーに必要な5つの能力
デザインは物事の疑問や課題、不便さなどに対して「答え」を提示するもので、問題を創造的に解決するための思考と発想が必要です。物事に疑問をもって、問題を発見するためには、多くの知識や経験などが必要です。また、解決するためにも知識や経験は必要不可欠です。知識といっても単に専門的な本を読んで知識を身につけろというわけではありません。

1.鋭い観察力
決めつけない。疑ってみる。人の行動や物事の本質を捉える。
2.柔軟な発想力
決めつけない。否定をしない。業界の非常識と常識、他の業界を見る。
アイディアからアイディアの連想ゲーム・・・・。
3.豊かな表現力
モノ・コトの特長を引き立たせ、感覚的に心に響く、良さを伝えるためのデザイン、文章表現など。
4.客観的な検証力
思い込みを捨て、試作・検証を通しての正確な修正
5.情報力とその活用力
アイディアの実現を確実にするため、素材や技術の融合など、人・企業・技術・素材などの情報収集、把握する。

DTPデザイナーやWebデザイナー、グラフィックデザイナーにプロダクトデザイナー、様々なデザイナーがいますが、近年はパソコンでのソフトを使ってデザインを制作するのが主流になっています。デザイン系の基本ソフトが使える事はデザイナーとして当たり前とされていますが、デザイナーの能力とは美しい形や絵を描く能力だけではないのです。逆に「デザイン能力」というのはデザイナーだけでなく、様々な分野の方にも応用ができるとも考えられます。

デザインの役割とデザイン思考(その2)

☆デザインの範囲

●狭い範囲で「意匠・配置設計」
製品・商品パッケージの形・色・模様を考えること。会社や商品等の宣伝のためのポスター・リーフレット・ホームページなどビジュアル、レイアウトを考えることなど。

●広い範囲で「開発、総合、全体設計(計画)」
商品全体、システムや機能を設計すること。会社全体(経営・製品・サービス・PRなど)の考え方をイメージ化(CI)、ブランディングして総合的に表現したりすること。


「デザイン」が活用される場面や領域は、近年広がりを見せている。ひとつの製品開発から経営、サービス、社会づくりに至るまで幅広く、深く、今、「デザイン」を仕事にしている人たち(デザイナー)の能力を上手に活用して新たな領域を活性化し、イノベーションを起そうとする動きに注目が集まっている。


☆デザインができること

デザインの役割は、色・カタチを考えることだけでなく、目的達成のために目的に応じてたくさんの要素があります。

デザインの役割とデザイン思考(その1)

☆身近に存在するデザイン
 ひとの容姿を見て、老若男女、人となり、気持ち(楽しい、悲しい)が分るように、デザインを意識していなくても、製品・商品やお店、会社の雰囲気は色、形、パッケージや広告、建物の外装、内装、看板などを通じ、資格情報として人に伝わっています。
 人は見た目の第1印象で「自分に合う、合わない」「好き嫌い」「かっこいい、可愛い」などを判断しています。
デザインに興味がなくても、デザイナーが製品などのデザインに関わっていなくても、周りのすべての「モノ」「コト」にデザインは存在しています。
 良いデザインは、心の中(考え方)が顔(デザイン)にでています。製品・商品やお店、会社の特徴をしっかり捉え、雰囲気をかもしだしていたり、使い勝手が良かったりします。見栄え(色やカタチ)だけを一見よく見せたものとは違います。見た目と内容が違うと、とても残念に思えます。

☆デザインとは?
 デザインは、芸術ではありません。ある問題をアイデアや表現で解決しようとすることです。例えば、「もっと使いやすい製品をつくりたい!・・・」「新しく考えたサービスの良さを伝えたい!・・・」「住みやすい環境がほしい!・・・・」などの問題に応じます。
 決められた条件・制約(ニーズ、目的、技術、予算、納期など)の中で一番を考え、具現化(プランニング、ビジュアル化)=設計をします。

コミュニケーションとは〈その8〉

コミュニケーションの距離


 人と人との関係と実際の距離の取り方には深い関係があります。相手やその場の状況にあわせた距離感を持たないと、馴れ馴れしくなったり、よそよそしくなったり、意志や感情が上手に伝わらなくなります。




パーソナルスペースの心理
 人にはそれぞれパーソナルスペースというものがあります。パーソナルスペースとは、相手が自分に近づくことを許せる範囲のことです。この範囲に他人が入ると防御本能が働き、普段と違う心理が働きます。

・神経質になる
・些細なことに敏感に反応する
・後ろや視角に入らない部分に神経が集中する
・相手の言動や視線・表情が気になる



 具体的には、電車やバス、公園のベンチなどに座っているとき、他に空席がたくさんあるにも関わらず、自分のとなりに人が座ってきたら、どんな気持ちになるでしょうか。とても神経質になり、「不安感」や「違和感」が生じます。相手の行動や表情を感じ取ろうと神経を集中させ、どんなことにも敏感に反応する自分がいるはずです。
 しかし、この相手が「大好きな人」の場合、心理状態は逆転します。大好きな人が隣にいれば、気持ちが優しくなり、緊張するどころかリラックスした状態になりますが、自分の隣の席が空いているのに、他の席に座ったら、先程と同じように、とても神経質になり「不安感」や「違和感」が生じます。
 このように、自分と相手の新密度によって、パーソナルスペースの領域は変化し、心理状態も正反対の反応を示します。