コミュニケーションとは〈その6〉

聴き上手のスキル

⓵相手の話に関心のある態度
相手の表情や動作などを観察しながら、体全体で相手の話に関心をしめすよう、からだや目、顔を相手に向けます。

⓶相手を見る
相手と目を合わせ、目の表情を見ながら話します。目を合わせるのは10秒以内。これ以上になると、相手に圧迫感を与えます。目をそらす場合は自画像に書かれている範囲なら悪い意印象にはなりません。

⓷うなずきと相槌
相手の話を聴いているという意思表示のために、うなずきや相槌が必要です。じっとしていると、相手はこちらが分っているのか、聴いているのかが不安になり心を閉ざしてしまうことがあります。うなずきや相槌の速度・タイミング・回数によって、不快感や急いでいる雰囲気を与えるため注意が必要です。「ハイハイ」や「なるほどなるほど」などの二つ返事は軽く感じ、いい加減に聴かれていると思われるため控えます。

⓸返事ははっきり
返事は、相手に聴いているという意思表示です。特に目上の方やお客様に対しては、気持ちの良いはっきりとした返事をすると、話す側は気持ちよく話すことができます。

⓹相手の話を繰り返す
相手の話した内容を繰り返すことで、会話のリズムをつくります。

⓺長い文章は要約して繰り返す
長い話を繰り返す場合、すべてを繰り返すのではなく、要点を要約して繰り返します。

⓻わからないことは質問する
話の内容が理解できないときや意味が解らないときは、相手に質問をします。質問することは、相手の話を理解しようとする姿勢の表れであり、話し手にとっては信頼するきっかけとなります。逆に、質問もせずに、ただ「はいはい」と聴いていると、受け流されているように取られ、信頼関係が築きにくくなります。

コミュニケーションとは〈その5〉

コミュニケーションに必要な能力「聴く力」


 聴く力(傾聴)とは、耳を傾けて熱心に聴くことです。相手の話をじっくり聴き、理解しようとすることがコミュニケーションでは一番重要なことで、聴く力によってそうお後理解ができるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

☆聴き上手チェック
□相手の話を最後まで聴いていますか?
□相手の話を遮っていませんか?
□相手の話を聴きながら、自分の話すことを考えていませんか?
□相手の言葉以外【表情や行動】にも注意を払っていますか?
□相手の話に共感を示していますか?
□自分が話をしないといけないと思っていませんか?
□相槌をタイミングよく打っていますか?
□聴いているという態度を見せていますか?
□気がついたら、自分ばっかり話していたということがありませんか?
□話の内容が理解できましたか?


☆聴き上手の魅力
⓵相手が好意を持つ・・・相手は気持ちよく話せるから、好感を持つ。
⓶情報が得やすくなる・・・相手の問題やニーズ、状況などいろいろな情報がわかる。
⓷真意がわかる・・・相手の話だけに耳を傾けると、話の中心がわかり、真意が見えてくる。
⓸本心が見える・・・ノンバーバルコミュニケーションまで気を配れるので、本心かどうかわかる。
⓹包容力が身につく・・・相手の話をじっくり聴くと、相手は受け入れられていると安心する。


◆聴き上手になる私の努力・・・
 とにかく相手の話(文章)を「。」まで聴こう!言葉を発しない!考えない!そう決めました。簡単なことのように思えますが、「。」まで待つのは忍の一字なのです。これを身につけるのには数年かかりました。傾聴が苦手な人は一度、チャレンジしてみてください。相手の心が見えるようになりますよ。

コミュニケーションとは〈その4〉

価値観の違いなどによるコミュニケーションの障害


 人にはそれぞれの価値観があり、その価値観の違いによって同じ情報や手段を使っても、意志の疎通や誤解を生じることがあります。価値観は、環境や経験、こだわり、嗜好などが影響します。

☆価値観を左右するもの
〇金銭感覚・・・お金の使い方や金額の大小に対して、それぞれの感覚が違う。
〇生活感覚・・・衣食住に対しての優先順位の違いや、住む場所・ライフスタイルなど生活感が違う。
         例えば ・洋服や装飾品に費用をかける
             ・住む家や環境を一番大切にする
             ・自分を磨くために時間と費用をかける
 など
〇嗜 好・・・趣味やこだわりに対する金銭感覚・重要性などが違う。
         例えば ・ガーデニングが趣味で庭付きの家に住む
             ・芸術が好きでコンサートや美術展によく出かける
 など
 

 価値観が違うと、「なぜそれを大事にするのか」「どうして時間や費用をかけるのか」を理解できないことがあります。しかし、価値観は人それぞれが持っている個性でもあり、相互理解を深めるためには受容することが大切です。
 また、人はコンプレックスに触れられると、脅迫観念を持ち、心を閉ざしてしまうことがあります。他人にはそれほど大きな事柄ではないことも、本人には大きなことなので、否定せず、受容しなければ相互理解が困難になることもあります。
 聞き手は、長いフレーズを短くしたり、自分の興味深い部分だけを重点的に覚える傾向が強いようです。そのため、この簡潔化・常識化傾向が働き、思い込みが発生することがあります。

コミュニケーションとは〈その3〉

コミュニケーションの障害


 人との会話で思い違いや思い込み、誤解を生じることがあります。これは話し手と聞き手の手段の違いによる相違から生じるものと、同じ情報や手段を使っても、相手によって受け止め方が違う要因から生じるものがあります。

☆イメージの違い
 イメージとは、心に思い浮かべる像や情景。ある物事に対する全体的な感じのことです。イメージの違いは、経験や環境などの影響を受けることが多く、コミュニケーションの障害の大きな要素となる場合があります。




☆具体的なイメージの違い
①「色に対するイメージの違い」
  色に対するイメージは、人それぞれ大きな違いがあります。たとえば「紫」のイメージについて聞いてみると、

など同じ色でも、高尚なイメージ⇔下品なイメージと全く逆のイメージがあり、褒めてるつもりが、相手によっては、けなされると受け止める場合があります。


②「年齢や立場によるイメージの違い」
年齢や立場によってもイメージの違いが生れます。例えば、「今日は残業です」と言われたときのイメージは、人によってさまざまです。

このように自分が良いと思っていても、相手には良いとは限りませんから、人と話すときは表現方法に気を配ることも大切です。

コミュニケーションとは<その2>

☆バーバルコミュニケーションとノンバーバルコミュニケーション
バーバル(Verbal)とは「言語」という意味です。コミュニケーションには、言語を使い、ことばの意味に重点をおいたバーバルコミュニケーションと言語以外の手段を用い、視覚や聴覚などに重点を置いたノンバーバルコミュニケーションがあります。
ノンバーバルコミュニケーションには、周辺言語(声のトーンや話すスピードなど)があり、言語そのものではなく、話し方の要素も大きな役割を担っています。

 

☆ノンバーバルコミュニケーションの分類